プラセンタサプリの輸入品と国産品の違いは?

プラセンタサプリ疑問

プラセンタという胎盤由来の成分には、さまざまな健康に役立つ有用性があるとされており、興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

 

一般的なプラセンタを飲む理由として挙げられているのが、エイジングケアに取り組んでいる方、若々しい肌を保ちたいという理由でサプリを購入している女性も増えてきています。

 

プラセンタサプリは高い!輸入品は安い?

プラセンタサプリは豊富な栄養を補えるアイテムとして人気がありますが、中には価格面が高いと感じる方もいるようです。
そんな方の中で海外製の輸入プラセンタサプリが気になっている方もいるかと思います。

 

輸入品のプラセンタサプリを手に入れる場合には輸入代行や個人輸入といった方法が一般的になります。
この場合、中間コストがカットできることで、海外製のサプリメントを通常の売価で手に入れられることで利用している方もいらっしゃいます。

 

それでも国産プラセンタサプリが選ばれている理由とは?

輸入品のメリットは日本製と比べて含有量が外国人の身体に合わせた量である場合や価格面で手に入れやすいサプリがあるということです。
ただし、個人輸入や輸入代行の場合、保証の面などが個人の責任として扱われることが多く、トラブルとなる場合があり、安心して飲む上で不安を感じる方が多く、価格面では高いものの、国内メーカーが販売しているプラセンタサプリを選ぶ方が多いです。

 

原料にも国産と外国産に違いがある

プラセンタサプリといってもいろいろな種類があるため、どれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。

 

育った環境が品質に影響する

まずは動物性か植物性かを決めることになりますが、プラセンタは主に豚や馬などの胎盤が原料になっています。そのため動物の育った環境や産地によって品質が異なってきます。

 

プラセンタの純度・含有量

また、成分の含有量も大きなポイントであり、エキスと粉末タイプがあるのですが、エキスには水分が含まれるので配合量に注意しましょう。

 

成分の量によって効果の出方が異なってくるので配合量はしっかりチェックすることが大切です。

 

 

また、どんなに良い商品でも価格が高すぎると長く続けることは難しいでしょう。サプリは飲み続けることで効果が出てくるため、続けやすい価格帯の商品を見つけることがポイントです。高すぎるのは続けることが難しいですが、安すぎるものも品質に不安があります。


 

国産サラブレットの馬プラセンタサプリ

プラセンタ200