タンパク質の含有量によってどんな違いが出る?

タンパク質の含有量によってプラセンタサプリにはどんな違いが出るのかについて解説します。

 

プラセンタサプリの品質の違いとなる

プラセンタサプリメントに配合されているプラセンタの有効な成分は、ほとんどがアミノ酸となっています。
他にも成長因子や、ビタミンなども含まれていますが、ほとんどがアミノ酸です。

 

一方でタンパク質は幾つかのアミノ酸が組み合わせられてできているものになります。
健康な身体作りに欠かせない筋肉や髪の毛なども、ほとんどがタンパク質でできています。
そのため、プラセンタサプリメントに配合されているプラセンタの成分を分析してみると、含まれているアミノ酸は分析結果の上ではアミノ酸ではなくタンパク質として、表示されることになります。

 

そのため、プラセンタサプリメントに配合されているプラセンタのタンパク質の含有量が低い場合は、不純物が多い品質が悪いということになり、プラセンタサプリメントに配合されているプラセンタのタンパク質の含有量が高い場合は、不純物がほとんどない必要が良いことになります。
つまり、プラセンタのタンパク質の含有量はプラセンタの品質の違いとなって現れるということになります。
プラセンタの品質が低いと、プラセンタが本来持つ、成長を促進したり、新陳代謝を促進したり、神経の機能を高めたりする効果が薄れてしまうことになります。

 

 

品質が悪いプラセンタが配合されている弊害

プラセンタの品質が悪いプラセンタサプリメントが与える一番のデメリットは、コストパフォーマンスが悪くなるということです。
プラセンタサプリメントは医薬品ではなく食品として扱われるものなので、即効性は期待できないので、本来の効果はプラセンタの場合、少なくとも、三ヶ月間継続して摂取しないと現れてくれません。

 

ということは、一般的なプラセンタサプリメントは1パッケージ分を一ヶ月で使いきるという分量で販売されていることが多いので、少なくとも3パッケージは購入して様子を見てみないと、実際に効果があったかどうかすら確認できないということになります。

 

プラセンタサプリメントは、プラセンタの品質が低いからといって、値段は決して安くないということも少なくありません。
決して安くはないプラセンタサプリメントを3パッケージ分も購入することになる訳ですから、コストパフォーマンスが悪ければ、お金を損してしまうだけということになります。
プラセンタサプリメントは配合されているプラセンタの抽出方法や純度について注目してみたり、プラセンタ自体の分析結果をきちんと確認するなどして、品質に注目して選ぶ必要があります。

 

 

おすすめのプラセンタサプリ

TP200公式サイト