プラセンタサプリの主な製造方法の種類

プラセンタサプリの製造方法にはどんな種類があるのか?それぞれの違いについて解説します。

 

フリーズドライ製法とは

美肌やアンチエイジング効果が期待出来るとして、プラセンタサプリは美容サプリとして多くの方が愛飲しています。 プラセンタサプリを購入する際、含有量や価格などをチェックはしても、製造方法までチェックする方は少ないでしょう。 プラセンタサプリの製造方法には、大きく分けて2つの種類があり、それぞれ違いがあります。 プラセンタサプリの製造方法として、まず挙げられるのが「フリーズドライ製法」です。 インスタントお味噌汁などで知られるフリーズドライ製法ですが、この製造方法はプラセンタに含まれる栄養素を壊しにくいと言われています。 マイナス30度で凍らせた後に真空状態にする事によって、プラセンタに含まれている水分の95%以上を一気に蒸発させて、サプリの原材料を作るのです。 フリーズドライ製法は純度の高いプラセンタサプリが出来る、そしてサプリに含まれる栄養素が加工によって失われにくいという事もあり、プラセンタサプリを作っている多くのメーカーが、このフリーズドライ製法を採用しています。 せっかくサプリを服用しても、栄養素が少なくなっていては思ったような効果は期待出来ません。 高品質なプラセンタサプリをという場合は、フリーズドライ製法の商品を選んでみましょう。

 

スプレードライ製法とは

プラセンタサプリの製造方法として、もう1つ「スプレードライ製法」という方法も行われています。 スプレードライ製法はプラセンタエキスを固形状にする為、デキストリンなどを希釈剤を吹きつけて、乾燥させるのが特徴です。 デキストリンなどの希釈剤は高温なので、プラセンタエキスに吹き付けると固形状に乾燥させる事が出来ます。 ただ、このスプレードライ製法、プラセンタサプリの質を下げてしまう、製造方法と言われているのです。 デキストリンなどの希釈剤を吹き付ける為、プラセンタエキスの純度は落ちてしまいます。 希釈剤の量はメーカー側で変えられるという事もあり、悪質なメーカーの場合コストを下げる為、希釈剤を多く使いプラセンタエキスの量を減らすなどしているようです。 スプレードライ製法の場合、プラセンタエキスに含まれる美容成分などの量が、極端に減少してしまうケースもあります。 ですので、高品質のサプリをという場合は、スプレードライ製法以外を選ぶようにしましょう。 ただ、サプリにはどのような製造の方法で作られたのかは、記載されていないケースが多いようです。
スプレードライ製法のサプリを避けるには、デキストリンが原材料に含まれていないか、チェックする事をおすすめします。

 

おすすめのプラセンタサプリ

TP200公式サイト