高濃度プラセンタサプリの含有量の水準とは?

プラセンタサプリ高濃度

販売されている高濃度プラセンタサプリの数値を見れば、一万以上の数値で表示されていることもありますが、正しく判断するためには、原末の数値水準を見ることが重要です。

 

高い数値を表示ているものの多くが、原液という表現がされています。サプリとして販売されているならば、原液のままだと様々な成分と混ざってしまい、濃度が下がっている状態になります。

 

原末ならば、すでに濃縮されておりサプリとして作られたとしても高い効果が期待できます。
原末の数値水準は、濃縮されているので、数百から四百程度の数値が多いです。

 

サプリメントの成分情報をチェック

高濃度プラセンタサプリかをチェックする場合、成分表示でもプラセンタエキス末含有食品かプラセンタ末加工食品かという点と表示掲載順で成分の含有量の多さを確認することもできます。

 

高純度とされているプラセンタサプリはプラセンタ末加工食品と名称付けされていることが多いです。

 

タンパク質の数値をチェック

サプリメントのエネルギー表示の中でチェックしたいのがタンパク質の割合です。
プラセンタは動物性タンパク質ですので、タンパク質の数値が高く、水分量が少ないものがプラセンタの純度を知る上での指針にもなります。

 

含有量に加えて製造工程も大切

数値をきちんと確認した後は、どのような製法で作られているかも確認するのがポイントです。

 

安全性にも関係してきますが、熱を加えるなどの方法で作られていると、せっかくの有効成分を壊してしまうことになります。

 

高濃度だから大丈夫と決めつけずに、安全管理がきちんと行われて品質が高いことが大切です。継続して利用しなければいけませんので、様々な要素を比較して選ぶことです。

 

タンパク質98.8%の高濃度プラセンタサプリ