医薬品と認定されているプラセンタ商品はある?

肌の老化を食い止め若々しくハリのある肌にしたいという方に、プラセンタサプリが人気です。
プラセンタは、胎盤を原料にしたものが医療用やサプリメント、化粧品などに使われており、肌のトラブルをはじめとして様々な症状に効果が認められています。
プラセンタは、医療機関で受けられる注射が有名ですが、その他にもサプリメントが手軽で人気です。プラセンタ注射は美容目的の場合一回当たりの接種に1000円以上かかりますが、プラセンタサプリの場合はそれより安く済みますし、症状や体調に合わせて量を調整できるのも魅力です。プラセンタサプリをはじめとするプラセンタ商品は非常に多くのメーカーで取り扱いがありますが、そもそもプラセンタサプリとは、医療用のプラセンタ注射との違いはあるのでしょうか。一般的に、その効果を最も感じることが出来るのは、製薬会社が製造している医薬品であるプラセンタ注射と言われています。プラセンタ注射を作っている製薬メーカーが同等の成分でサプリメントを販売しているほか、非常に多くのメーカーか羊や豚、馬の胎盤を原料としたプラセンタサプリが販売されています。これらのプラセンタサプリは、医薬品として認定されているのでしょうか。

 

プラセンタサプリは健康食品に当たるのか?

サプリメントは健康補助食品であり、日常生活の食事で摂取するのが難しい成分を摂るためのものです。
健康食品ということは、医薬品ではありませんので、薬のような効果をうたうことも禁止されていますし、実際は医薬品である注射ほどは効果が期待できないと考えたほうが良いでしょう。
しかし健康食品は続けることで体調が整ったり、肌が美しくなることが期待できる成分も多くあります。

 

特にプラセンタサプリに関しては、プラセンタ自体にも美肌効果や若返り効果、免疫力や自律神経を整える効果が期待できますし、その他にビタミンやミネラル、乳酸菌などお肌や健康にうれしい成分がふんだんに含まれていますので、プラセンタ以外の成分にも十分な美容や健康に対する効果が期待できるといってよいでしょう。
健康食品としてのプラセンタサプリは、毎日摂取することで医療用の効果に匹敵するほど効果が見られたという口コミも少なくありません。
プラセンタに関する効果は個人の感受性や体質などによるものも大きいため、すべての方ではないものの、確実に体調や肌の調子が良くなるといった声が多くあがっていますので、健康補助食品として毎日摂取することをおすすめします。

 

 

 

おすすめのプラセンタサプリ

TP200公式サイト