プラセンタサプリは病院でも処方されるの?

プラセンタサプリ病院

プラセンタというと美容目的で最近開発されたサプリのイメージが強いかもしれません。
美肌や健康目的で馬や豚由来のサプリを飲まれている方も多いでしょう。

 

プラセンタは医療目的での使用が最初

実はヒト由来のプラセンタは、意外にも昔からある症状の治療薬として処方されてきた歴史があるのです。

 

女性の年齢による身体の不調に対して

まず1つ目が更年期障害や乳汁分泌不全など、女性ホルモンのバランスが乱れることで現れる不調に用いられることがあります。
プラセンタのホルモンバランスを調整する作用を利用しています。

 

肝機能への有用性

2つ目が肝機能障害です。肝機能の向上や細胞機能の活性化、肝臓に付着した脂肪の減少などの効果を利用しています。

 

どちらの場合でも使用するのはヒト由来のものです。感染症のリスクはほぼないと言われていますが、変形クロイツフェルトヤコブ病への感染のリスクが100%ないとは言いきれませんので、一度でもこういった治療を受けた人は、日本では献血をできないことになっています。

 

 

美肌などの美容目的ではなく、更年期障害や肝機能障害の治療と病気の治療に用いられることから、健康保険が適用されます。
こういった症状にお悩みの方は、一度医師に相談してみるといいでしょう。症状の軽減に加えて美肌や健康効果も得られるかもしれません。