プラセンタサプリ原料馬・豚・羊のアミノ酸量

プラセンタサプリ疑問

一口にプラセンタといってもいろいろな製品が販売されており、その品質もそれぞれ異なっています。そこで製品を購入するという場合、できるだけ品質の高いものを選びたいですよね。

 

現在のプラセンタサプリの流通量の中では豚の胎盤から抽出されたプラセンタエキスを使用しているサプリが多いです。

 

プラセンタに含まれるアミノ酸

プラセンタに含まれるアミノ酸にはアルギニン・リジン・ヒスチジン・フェニルアラニン・チロシン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・バリン・アラニン・グリシン・プロリン・グルタミン酸・セリン・スレオニン・アスパラギン・トリプトファン・シスチンが含まれており、必須アミノ酸、非必須アミノ酸などバランス良く含んでいるのが特徴です。

 

豚・馬・羊由来プラセンタそれぞれのアミノ酸

プラセンタサプリ疑問

馬由来プラセンタのアミノ酸量

最もアミノ酸が豊富なのは馬の胎盤を使用したプラセンタ製品とされています。
馬は豚よりも出産回数が少ないため、胎盤に豊富な成分が配合されているのです。豚由来のプラセンタよりも1.5倍近く豊富なアミノ酸を含んでいるとされています。

 

豚由来プラセンタのアミノ酸量

プラセンタ市場ではもっとも多く流通している原料の豚は生産量が安定しており、価格面でも手に入れやすい価格となっています。
また、アミノ酸をバランス良く含んでいる点では馬由来のプラセンタと変わらず、成長因子も含まれており、初めてのプラセンタとして選ばれていることが多いです。

 

羊由来プラセンタのアミノ酸量

馬と同様に病気に強い点で胎盤の質も良いこと、人間の胎盤に近いアミノ酸組成であることもあり、身体に馴染みやすいという点があります。
含まれるアミノ酸量も豊富で豚、馬由来に劣らない栄養を補えるのが特徴です。

 

馬由来のプラセンタだから良いわけではない?

馬由来のプラセンタはアミノ酸量が豊富なのは知られていますが、豚由来のプラセンタの中であっても抽出方法や飼育管理などがそれぞれ異なっており、アミノ酸量などが多くなっている製品もあります。

 

プラセンタサプリを選ぶ場合は原料よりもプラセンタ含有量のチェックが大切と言えるでしょう。

 

内容を確認することで目的に合ったサプリを見つけやすくなる

プラセンタサプリ疑問

ポイントはアミノ酸含有量を多く含むプラセンタ原料選びに加えて原末使用なのか?プラセンタエキスを含む他の成分を含んでいるか?という点で目的に合わせて選ぶことが大切です。

 

また、プラセンタは動物性タンパク質ですので、成分表示ではタンパク質量をチェックすることも大切です。
中には成分を薄めているものもあるため、成分はしっかりチェックすると良いでしょう。また、原産国な栄養素のチェックも大切です。

 

アミノ酸は体の美容や健康を維持するために欠かせない成分であり、健康的な肌を作る上でもアミノ酸は必要です。