プラセンタ注射の安全性は?

プラセンタ注射

プラセンタをサプリメントだけでなく注射などのプラセンタ治療にも興味を持っている方は少なくありません。その際の安全性については気になるところですが、実際のリスクに関してはどのようなものが考えられるのでしょうか?

 

プラセンタ注射は医療行為

プラセンタ注射薬は厚生労働省に認められているものですが、国内で薬事法の承認を受けているのは、メルスモンとラエンネックの2製剤で厳格な基準の上で製造・管理をされています。

 

プラセンタ注射を受けた方が感じた体調の変化について

皮下注射や筋肉注射を行う場合、重篤な副作用はめったに起こりませんが、まれに悪寒や悪心、発疹、発熱、発赤などの変化を感じた方がいるようです。

 

注射部位が痛んだり、腫れたりといった注射による直接的な変化、他にアレルギー反応や、閉経後の月経再開などといった例もあるようです。

 

注射方法について

また、静脈注射は投与法として認可されておらず、血圧低下やショック状態、痙攣、呼吸困難、チアノーゼ、ホルモン異常などの症状が起こることがあると報告されているようです。

 

プラセンタ注射は医療行為ですので、詳細に関しては診療を受ける病院にてしっかりと効果や起こり得る副作用について確認、納得の上で治療を受けることが大前提です。

 

プラセンタはサプリでも摂れる!人気のプラセンタサプリ


 

厚生省が発表した報道発表資料の「ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について」の文献は下記ページで確認できます。
> ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について