プラセンタは妊娠中でも飲める?

プラセンタ知識

 

妊娠中は多くの栄養素を赤ちゃんが必要とするため、必然的に母体の肌トラブルが増加します。そんな時に美容サプリとして有名なプラセンタの摂取を検討する妊婦も存在しますが、妊娠中に摂取していいサプリメントかどうかの議論は専門家の間でも賛否が分かれる案件です。

 

肯定派・否定派二つの意見がある

否定派の意見

肯定派も否定派も一番に挙げているのが、安全性の確保です。
特に否定派が懸念しているアレルギー反応は、ホルモンバランスの変化が激しい妊娠中だからこそ発生する可能性が高まるものなので、万が一に備えて摂取は控えるべきだと主張しています。

 

肯定派の意見

一方で肯定派はホルモンバランスやアレルギーは専門の医師と相談して摂取すれば十分に回避可能なので、大きな問題ではないという見解を示しています。

 

その他にはプラセンタそのものが栄養豊富なサプリメントなので、赤ちゃんの発育に貢献できるという肯定派もいますが、同じ理由で赤ちゃんが大きく育ちすぎたために出産時の妊婦の負担が増える危険性を指摘する否定派もいるため、一概にどちらが正しいとは言い切れません。

 

そして今の段階では赤ちゃんへの明確な悪影響が確認されていない点も、プラセンタ摂取のメリットとデメリットを分かりづらくしている要因の一つといえるでしょう。

 

 

母体や赤ちゃんへの影響が把握しきれない以上はリスクを避けるためには、まず医師への相談が基本です。
例えば、葉酸などはサプリメントで補うべき栄養素として推奨されているので、健康面でのサポートを考えた場合、安心して飲めることを第一に栄養補給の方法を考えるのが良いのではないでしょうか?