プラセンタ市場のシェアNo.1の豚プラセンタの特徴は?

豚プラセンタ

現在、流通しているプラセンタ商品の中でシェアが一番多いのが豚由来のプラセンタです。
豚プラセンタのおすすめされているポイントとして挙げられているのが

  • 原料となる胎盤の量が多く確保しやすい為、価格面が抑えられる
  • 馬プラセンタには含まれていない美容成分も含まれている
  • 品質に関しても近年ではより安全性が高い豚の胎盤を使用している

豚は馬と比べて飼育数が多いことや年間で2回出産時期があることもあり、胎盤を多く確保することができることがプラセンタ商品に採用されやすい理由となっています。。

手に入れやすさが魅力の豚プラセンタ

豚プラセンタは市場で最も多く販売されている理由として豚はたくさん子供を出産するため、原料の確保がしやすく、安定した価格でプラセンタサプリの販売が出来る他、原料の確保がしやすいことで価格面にも良い影響としてお求めやすさという点が大きなメリットだと言えます。

 

栄養は馬プラセンタの方が高い?

馬プラセンタの方が栄養成分は豊富と言われていますが、豚プラセンタにも栄養素は十分に含まれています。アミノ酸やビタミン、ミネラル、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれており、品質や含有量によっては馬プラセンタ配合と呼ばれるサプリメントよりも豚プラセンタサプリの方が濃度が高い場合があるので、注意が必要です。

 

豚プラセンタの安全性は?

豚は病原菌に弱いので抗生物質やワクチンなど投与されている場合が多く、抽出の際の処理によって栄養が失われている場合もあったようですが、近年では抗生物質などを与えず厳しい基準の中で育てられた国内産SPF豚の胎盤が使用されるなど、しっかりと衛生管理された豚の胎盤を原料としているサプリが増えています。

 

豚プラセンタが選ばれている理由まとめ

豚プラセンタ

アミノ酸の量では馬プラセンタよりも含有量は少ないと言われているものの、その流通量によってプラセンタの実績を作ってきたという面、また、プラセンタに含まれる成長因子は豚プラセンタにも含まれており、アミノ酸の量だけでは測れない点もあり、馬と豚は甲乙つけられない点があります。

 

また、サプリメントは毎日の生活、健康をサポートする健康補助のための食品ですので、続けられることが第一です。
その点では豚プラセンタサプリは馬プラセンタサプリよりも経済的で安定した栄養を補うことが続けられるという大きなメリットがあります。

 

豚プラセンタは原料となる豚の飼育環境、胎盤からのプラセンタエキス抽出などの影響も大きいので、含有量だけでなく、製造方法や体制に関してもチェックすると比較しやすくなります。

 

 

豚プラセンタのおすすめはコレ!ステラマリア