プラセンタサプリの子宮筋腫の影響とは?

プラセンタは美容目的のサプリとして利用されていることが多いですが、婦人科系の病気や更年期障害や肝臓病などの治療にも利用されています。そして最近は子宮筋腫にも有効と言われています。それらの関係性にはどのようなものがあるのでしょう?

 

プラセンタと子宮筋腫との関係は?

プラセンタ治療で期待できる働きの一つとしてホルモンバランスを整えることを目的とした治療があります。
ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルや、月経不順や更年期障害などの症状に対して処方されるプラセンタ治療も存在します。

 

なかには、逆に筋腫を大きくしてしまう働きがあると考えている人もいますが、多くの医療機関では問題ないと考えられています。

 

大きくなる原因には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。エストロゲンは女性の身体のバランスを保つ重要なホルモンですが、エストロゲンが減少すれば更年期症状が出て、増加すれば子宮筋腫が大きくなるというわけです。しかし、プラセンタにはホルモンバランスの乱れを抑制する働きがあります。

 

それは、今ある筋腫の進行を抑えてそれ以上大きくならないようにする働きなのです。子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、日常生活に支障が無ければ経過観察だけでとくに治療は必要ありませんが、女性ホルモンが症状の進行に大きく影響しています。しかし、ホルモンバランスを整えることで症状の進行を抑える助けになっているのです。

 

ただし、プラセンタサプリの場合には治療目的のプラセンタとは原料も違いますし、目的が異なります。
サプリメントでのプラセンタ摂取は栄養補給による健康的な身体作りのサポートですので、特定の治療を目的に摂るものとは違います。

 

治療に関しては専門医の指示、相談を元に受けることが原則です。子宮筋腫をお持ちの場合には担当医にプラセンタサプリの摂取について相談するようにしましょう。