プラセンタとビタミンを一緒に摂取した方がいい理由

 

肌に良い成分プラセンタ

美肌効果、エイジングケア効果で注目を集めている美容成分のひとつが、プラセンタです。
プラセンタは、哺乳類動物の胎盤から抽出された成分で、現在日本で流通している製品は、豚や馬、羊由来のプラセンタが多いです。
プラセンタには、タンパク質、ミネラル、核酸など、健康にも美容にも良い様々な栄養が、豊富に含まれています。
抗酸化作用があり、体を酸化させて老化や病気を引き起こす活性酸素を除去し、シミやシワを防ぐ効果が期待できます。

 

プラセンタの特長のひとつが、成長因子です。 成長因子には、上皮細胞増殖因子や繊維芽細胞増殖因子が含まれており、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの生成を促進させます。
ヒアルロン酸は、肌の水分量を保ち、乾燥から肌を保護してくれます。
コラーゲンは、肌の弾力に大きな影響があり、コラーゲンが減少すると、たるみの原因にもなります。
エラスチンは、コラーゲンを結合させて網目状にする成分で、ゴムのように伸び縮みします。 赤ちゃんの皮膚にはエラスチンが多いため、柔らかくて弾力があるのです。
30歳を過ぎると、肌の弾力を支えているコラーゲンもエラスチンも減るため、プラセンタが配合された保湿化粧品を使う人が増えるのです。

 

プラセンタとビタミンの相乗効果

 

プラセンタは、化粧品が有名ですが、最近はサプリメントの人気も高いです。 美容は、体の外からのケアも大事ですが、内側からのケアも非常に重要なのです。
良い化粧品を使っても、栄養が不足していると、美肌効果が十分に発揮されないのです。

 

プラセンタにはビタミンも含まれていますが、美肌のためにビタミンB群とビタミンCのサプリメントを飲んでいる女性も少なくありません。
その理由は、ホルモンバランスを整えるプラセンタと、肌に良いビタミンB群、ビタミンCを摂取することで、さらなる美肌効果が期待できるからです。

 

美肌効果の他にも更年期障害の症状を改善したり、疲れを取るなど、女性に嬉しい効果が期待できます。
更年期になると、エストロゲンなどの女性ホルモンが減ってしまい、自律神経のバランスが崩れ、のぼせやホットフラッシュ、冷え、不眠など、様々な症状で悩む女性が増えます。

 

プラセンタを摂取すると、ホルモンのバランスが良くなるので、自律神経の働きが正常化されます。
また、新陳代謝を高め、抵抗力をつけるので、疲れにくい体作りにも役立ちます。
最近では、精神のバランスを安定させる作用も注目を集めており、自律神経失調症やうつ、不眠症などの治療にも使われています。