プラセンタはうつ病に効果はあるのか?

プラセンタはメンタルに関する病気やうつ病に効果があると言われているその要因について考えてみます。

 

NGFが自律神経のバランスを整える?

高い美容効果を実感することができるということでプラセンタが配合された化粧品やサプリメントを使用しているという方が増えています。
プラセンタには美容だけでなく、メンタルに関する病気やうつ病にも効果もあると言われています。

 

これらの精神的な病気の症状としては、気分の落ち込みや不安感、気力の減退などがあげられていますが、これらの症状は病気ではなく、周囲に単なる怠けや甘えだと思われてしまうこともあり、そのことがさらに症状を悪化させてしまうこともあるようです。

 

プラセンタがメンタルやうつ病の改善に良いと言われている要因の1つがプラセンタの中に含まれているNGFと呼ばれている成長因子の作用と考えられています。
NGFは正式には神経細胞増殖因子という名前です。
その名前の通り、神経細胞の増殖を促す作用があるので、この成分を摂取することで自律神経のバランスの乱れを正すことができ、精神を安定させることができると発表されています。

 

うつ病やメンタルの病気特有の症状であるNGFで自律神経のバランスを整えることで不安やマイナス思考を改善することができると考えられていますが、 治療をしたい場合はかならず病院で診察を受けて、推奨された場合のみプラセンタを摂取してみるなど、医師のハンダに従って処方する方にしましょう。

 

さまざまな有効成分が症状改善に作用する?

 

プラセンタがうつ病やメンタルの病気の改善に効果的だと言われているのは、プラセンタにはアミノ酸をはじめ、タンパク質やミネラル、ビタミン、核酸、酵素などさまざまな栄養素や免疫力を高める作用があると考えられているからだと言われています。
活性ペプチド、自然治癒力を高める成長因子なども含んでいます。

 

これらの有効成分の働きで自律神経調整、精神安定、食欲増進、疲労回復などの作用が期待できることから精神的な病の改善も期待することができるということもプラセンタがうつ病やメンタルの病に効果的だと言われている1つの要因です。
実際に精神科のクリニックなど医療機関でも治療のためにプラセンタ注射を使用するクリニックもあり、プランセンタを注入したことで抗うつ薬まどでは改善することができなかった病気を改善することができたという例もあげられています。

 

また、男女ともに加齢によるホルモンバランス変化が原因で起こる更年期障害の症状でも不安や気分の落ち込み、イライラなど精神的な病に似た症状が現れることがあります。
プラセンタにはホルモンバランスを整える作用もあるので、プラセンタを摂取することで、更年期障害の精神的な症状の緩和も期待することができます。
プラセンタ注射などの処方を希望する場合は、必ず病院で医師に相談の上、行いましょう。