プラセンタはシミを消すことができるのか?

プラセンタがシミに対する原理について解説します。

 

プラセンタがメラニン色素の発生を予防する

シミは紫外線が肌にあたることで、表皮の一番底にあるメラノサイトという細胞が刺激を受けることで生成されてしまいます。
その時にメラノサイトはシミの原因となるメラニン色素と一緒に、活性酸素を発生させるのですが、この活性酸素は肌に刺激を与えてしまいます。

 

活性酸素による刺激は肌に炎症を引き起こし、その炎症がまたメラニン色素の発生を促進してしまうので、肌のターンオーバーでメラニン色素の含まれた細胞を排出するスピードでは追い付かないほどの過剰なメラニン色素が生成されてしまいます。

 

シミの発生を予防するためには活性酸素の発生と、活性酸素を発生させる大きな原因になる肌の炎症を抑制する働きが有効なのですが、プラセンタには活性酸素除去効果と炎症を抑える効果が在ることがわかっています。
プラセンタの働きで活性酸素を取り除くことができ、延焼が起こるのを防ぐことができれば肌に過剰な刺激が与えられることはありませんので、メラニン色素の生成を予防することができます。
それでも防ぎきれずに基底層に残ってしまったメラニン色素も、プラセンタの血行促進効果で肌の新陳代謝を向上することができますので、肌から排出されやすくなります。

 

プラセンタは出来てしまったシミも消す

プラセンタはシミの発生を防ぐだけではなく、既に出来てしまったものを消す効果も期待できます。
その原理は、肌のターンオーバーを促進することで、表皮に沈着してしまったメラニン色素を排出するというものです。
肌の基底層で作られた細胞は、ターンオーバーに従って徐々に肌の表面へと押し出され、最後には垢として剥がれ落ちて行きます。
その時にメラニン色素を含んだ細胞が剥がれ落ちれば肌は元の白い状態にもどって行きますが、ストレスや生活習慣の乱れや加齢によってターンオーバーの周期が乱れてしまう人も多く、古い細胞がいつまでも肌に残ってしまうことがあります。
肌の細胞は産まれてから垢として剥がれ落ちるまでが約28日と言われているのですが、この日数が長くなればいつまでも肌にメラニン色素が残ってしまうことになります。

 

プラセンタは肌の基底層の細胞を増殖させたり、再生を活発にさせる作用があります。肌の細胞が多く作られるようになれば古い細胞はだんだんと肌の表面に押し上げられて行きますので、メラニン色素を含んだ細胞がスムーズに排出されるようになり、白い肌を取り戻すことができるようになるのです。
このような理由で、プラセンタは既に出来てしまっているシミも消すことができると言われています。