厚生省が認可しているプラセンタの効果とは

プラセンタは、高い美容効果が期待できるため、化粧品やサプリメントの成分として広く使われています。プラセンタの中には、厚生省で医薬品として認可されているものもあります。
それが医療用プラセンタ注射薬です。

 

人気を集めているプラセンタ注射

医療用プラセンタ注射薬には、様々な効能があります。
更年期障害や慢性肝疾患などの治療にも使われており、保険の適用も認められているのです。ただ、美容の目的で使われる場合は、保険は適用されません。
医療用プラセンタ注射薬は、ヒトの胎盤を使用して作られたものです。感染症などがないか、厳しいチェックが行われ、その後、高圧蒸気滅菌や様々な試験によって安全性を確保されたものだけが使われています
。プラセンタの成分の大きな特長のひとつが、成長因子です。成長因子は、新陳代謝を促進させ、少ない量であっても十分な効能が期待できます。
プラセンタを注射を使って投与すると、美白効果や保湿効果が期待でき、更年期障害や生理痛、肩こり、アレルギーの改善に効果的です。
最近では、うつ病や自律神経失調症、不眠症など精神的な悩みに対する効能でも注目を集めています。プラセンタには、ホルモンバランスを整える働きがあります。そのため、更年期障害や生理不順の悩みを抱えている女性にも人気が高いのです。

 

プラセンタ注射の種類

医療用プラセンタを試してみたい場合は、皮下注射、筋肉注射などの種類があります。
皮下注射は、投与する薬の量が少ないので、経済的な負担も少なくて済みます。
筋肉注射の場合は、吸収がスピーディーなので、即効性を望む人に向いています。注射の場合、サプリメントを利用してプラセンタを摂取するよりも効果が高いため、多くの人に利用されています。現在、日本で承認を受けているのは2つの製剤です。
安全に注射を受けるためには、認可されている製剤かどうかを確認してから使うことが大事です。

 

また、不安な点や心配な点がある場合は、必ず事前に医師に相談して、納得がいくまで説明を受けることが大事です。
実績があり評判が良いクリニックで注射を受けることも大事です。化粧品を使う感覚で注射を受ける人もいますが、治療のひとつとして考えて、慎重に治療を受けることが大切です。
注射薬の治療を受けた人は、献血ができなくなります。ただ、サプリメントの摂取であれば、問題はありません。
注射薬だけが、献血制限の対象になっているので、その点はしっかりと把握しておくことが大事です。
気になることがある場合は、カウンセリングの時に相談した方が安心です。