発酵プラセンタと他のプラセンタとの違い

 

発酵プラセンタとは、酵母菌によってプラセンタを発酵させたもののことになります。 プラセンタを発酵させることによって、身体の中に吸収されやすくなるため効果を得やすくなりことが期待できます。 そして、身体にとって良い影響を与える成分が大幅に増えることになるため、せっかくプラセンタサプリメントを摂取するのであれば、発酵したプラセンタサプリメントを摂取したいところです。 発酵プラセンタが配合されたサプリメントと一般的なプラセンタサプリメントの違いは、効果の現れ方になります。 具体的には、プラセンタが発酵することによって、プラセンタに豊富に含まれている中でも一番大切な成分となっている成長因子がたくさん増えることになります。 成長因子には、コラーゲンが生成させる働きを促してくれるアルギニンや、お肌を保湿する効果が期待できるグルタミン酸、美容効果が期待できるシスチンなどがあります。 これらの成分が増えることによって、美容についての効果だけでなく、健康についての効果も高まることが期待できます。 一般的なプラセンタサプリメントと比べると、同量の発酵プラセンタが配合されたサプリメントを摂取すると、血液の中に含まれるアミノ酸の量は、およそ1.7倍となります。

 

発酵プラセンタの摂り方と効果

発酵プラセンタを摂取する方法としては、発酵プラセンタを注射で注入する方法や、発酵プラセンタが配合されたサプリメントなどを摂取する方法、発酵プラセンタが配合された美容液などをお肌に塗る方法などがあります。 効果が一番現れやすい方法は、注射になるのですが、注射をするとなると専門の施設に出向くなど手間や費用がかかるので、日常的に一番手軽で効果が高い方法は、サプリメントを飲んで摂取する方法になります。 胎盤は豊富な栄養素を詰め込んで胎児にその栄養素を届けています。 なおかつ、プラセンタは発酵している状態なので、プラセンタが発揮できる効果は、より一層増している状態ということになります。 発酵プラセンタは、年齢を重ねることによってくすみや、乾燥、ハリといった症状が気にかかる、お肌に対して、ツヤや、ハリを与えくれる効果が期待できるのでエイジングケアに適している成分であるということがいえます。 自律神経は、自分が意識sなくても働いている、身体のそれぞれの器官の働きをコントロールしている重要な役割を果たしています。 ホルモンのバランスをコントロールするのも自律神経の働きとなります。 発酵プラセンタを身体の中に取り入れることによって、自律神経の働きを整える効果が期待できます。