動物性プラセンタが人気の理由

動物性プラセンタにはいくつかの種類がありますが、日本で主に流通している動物性プラセンタは馬と豚が原料になっているものとなります。
以前は動物性プラセンタには羊や牛が原料のものもありましたが、羊はヤコブ病、牛は狂牛病といった人間に影響がある病気が発見されたため、現在では流通しなくなっています。

 

動物性プラセンタが人気の理由は、ミネラルやアミノ酸といった美容や健康に効果的な成分が多く含まれているのが特徴です。
プラセンタには植物由来のものも多く販売されていますが、植物由来のものはプラセンタの特徴である成長因子が含まれていません。

 

そのため、細胞に働きかけてアンチエイジングに対して大きな効果をもたらしてくれるとは言えないのですが、動物性プラセンタには成長因子もきちんと含まれていますので、大きな効果が期待されているので、人気が高くなっています。

 

人気の動物性プラセンタですが、原料によって成分や価格などにも違いが出てきます。
実際に使用するときには自分にあったものを選択して使うようにしたいものですが、馬プラセンタと豚プラセンタの違いにはどのようなものがあるのかをきちんと知っておくことが大切になります。

 

馬と豚、それぞれの違いとは

豚プラセンタの特徴は、価格が安いということです。プラセンタの原料は豚の胎盤ですが、一度に10匹近くの子供を産み、1年に何度も出産する豚の胎盤は手に入りやすいので安くなりますし、人の体内になじみやすくなります。
初めてプラセンタを使ってみたいという人に適しているものだと言われています。

 

注意点としては、豚は成長過程でワクチンなどを多く投与される傾向にあるため、その成分が胎盤に影響を与えます。
製品になる時にはきちんと不純物も取り除かれますが、その過程で有効成分が破壊されたり、失われてしまうことも多くなります。

 

安全性を望むならば、しっかりと管理されているSPF豚を利用したものを選ぶようにすると良いでしょう。
馬プラセンタの特徴は、1年に1頭しか子供を産まないため高額になります。
平均して豚の約1.5倍のアミノ酸と、豚にはない6種類の必須アミノ酸も含まれているので、多くの有効成分を取りいれることができます。
馬はもともと体温が高いので寄生虫に感染することも少ないので、ワクチンなどの投与が少ないことも特徴となっています。
価格は高くなってしまいますが、安全性や効果の高さを実感したい場合には馬プラセンタの方が向いていると言えます。