プラセンタの抽出方法の種類

 

プラセンタサプリメントは、プラセンタの原料を抽出する工程が必要になります。
どれだけ高品質のプラセンタの原料が使われているププラセンタサプリメントであったとしても、抽出方法の種類によって効果が出にくいことがあります。

 

加水分解法は、ププラセンタサプリの原料となる胎盤と酸性の物質を分解釜に入れて反応させてタンパク質を分解するというものです。酸と反応させて分解することは、とても大切なことで、タンパク質が、アミノ酸になるまで分解することが可能とされています。

 

超高圧加水分解法は、加水分解法に加圧法を付け加えた抽出方法のことで、加水分解法でププラセンタサプリメントに配合されるプラセンタを分解して、さらに高い圧力を加えることによって、プラセンタの粒子同士を衝突させて、もっと小さい粒子にすることが可能となっています。

 

酵素分解法は、生物の身体の中にあるタンパク質である酵素の化学反応をスピードアップできる性質を利用した方法です。
酵素の持っている性質を利用して、酵素をププラセンタサプリメントに配合されるプラセンタが持つ細胞と細胞を隔てている壁に反応させて、有効な成分を抽出するという方法になります。

 

主流のプラセンタを抽出する方法

高圧酵素分解法は、酵素分解法と方法が似ているのですが、高圧の環境で、酵素でププラセンタサプリに配合されるプラセンタを分解する方法が高圧酵素分解法といいます。
高圧酵素分解法の酵素分解法との差は高い圧力がかけられることによって滅菌されて、酵素の作用が促されるという特徴が挙げられます。

 

凍結融解法は、胎盤をプラセンタが持つ細胞と細胞を隔てている壁を凍らせて結晶にして、結晶になったところで壁を壊して、有効な成分を抽出する方法になります。
凍結酵素抽出法とは、凍結融解法が持つ抽出能力を更に高めるために、酵素分解法を取り入れた方法となっています。

 

抽出率が高く、凍結融解法が手軽であるため効率的な方法とされています。細胞培養法は、ププラセンタサプリメントに配合されるプラセンタの細胞を一部分だけ人工的に整えられた環境のもとで増殖させるという方法になります。
ですので、成長因子がたくさん含まれていて、身体の中に摂取することによって活性化して、アンチエイジングの効果を得ることが期待できる方法となっています。
近頃は、凍結酵素抽出法や、高圧酵素分解法を組み合わる方法が、高い効果が期待できる成分が抽出できるということで主流となっています。