プラセンタを摂取することで病気になるリスクはないの?

美容や健康のためにプラセンタを摂取する方が増加傾向にあります。
プラセンタは哺乳類の胎盤の意味で使われており、胎盤を原料にして抽出した成分は医療用にも使われるほどその効果が高く評価されています。
プラセンタの効果として医療用でも健康保険が適用される症状としては、更年期障害や肝機能障害などがあります。

 

それ以外にも、PMSやアトピー性皮膚炎、リウマチをはじめとする膠原病などといった様々な症状の改善に役立っています。
プラセンタの注射は婦人科や内科、整形外科などで取り扱いがありますが、副作用について不安という声もあります。

 

医療用プラセンタの安全性

プラセンタが医療用に使われてきた歴史は長く、これまでプラセンタを接種して感染症などの重篤な副作用があったケースは報告されていないとされています。
医療機関で注射として使われるプラセンタは、人の胎盤が原料となっており、万一の感染症に備えてその後は献血ができないようになっていますが、病気になるリスクを完全に否定できないのは、未知の病気に対するリスクであり、現時点でのリスク回避のための滅菌や消毒などは完璧に行われているため、医療用プラセンタを摂取することによる深刻な副作用の心配はないと考えられています。

 

サプリメントタイプが人気

医療用プラセンタの注射は定期的に接種することでその効果が期待できるといわれていますが、中には予算の都合や近所に扱っている医療機関が無い方もいます。
そのような方たちから支持されているのが、サプリメントタイプです。
サプリメントは様々なメーカーから販売されており、原料も豚や羊、馬など動物由来のものがありますし、人由来のものもあります。

 

どの原料が使われているかによって効果や価格も異なりますので、予算や体質などに合わせて多くの方がサプリメントを選んでいます。
サプリメントタイプのプラセンタを摂取するメリットとしては、注射と異なり外出しなくても手軽に自宅で成分を摂取することが出来る点や、量の増減を自分で自由にできるため、体調や肌の調子に合わせることが出来る点などが挙げられます。

 

医療用の注射と同じメーカーが作っているサプリメントは医療機関で取り扱われており、価格は割高になりますが人気があります。
又、化粧品メーカーやサプリメントメーカーなどからも多くのサプリメントが販売されており、プラセンタ以外にもビタミンやミネラルなど美容に効果的な様々な成分が配合されている点も、多くの方から支持されている理由と考えられます。