エイジングケア効果で有名なプラセンタ

 

最近は、インターネットが普及したおかげで、国内外の優れた化粧品を手に入れることが簡単にできるようになっています。
数ある美容成分の中で、女性から絶大な人気を誇っているのがプラセンタです。プラセンタとは、哺乳類の胎盤のことで、アミノ酸やタンパク質、核酸、ビタミンなど、肌に良い成分が豊富に含まれているのです。
中でも、肌の新陳代謝を高めるアミノ酸が豊富で、ホルモンや血液を正常な状態で維持してくれます。

 

プラセンタは、紀元前4世紀の頃から治療に使われていました。中国では漢方薬として使われており、日本でも医学的な効能が注目され、栄養剤や更年期障害の治療薬も発売されています。
プラセンタには、エイジングケア効果が期待できるため、アンチエイジングのために使われることが多く、衰えてしまった体の機能を立て直すために利用している人も少なくありません。
プラセンタには、様々な種類があります。市販されている化粧品の中で、安価で手に入れやすいのが、豚プラセンタが配合された化粧品です。
豚由来のものよりもアミノ酸が豊富で、必須アミノ酸も含まれていることから、高級化粧品に使われているのが馬由来のプラセンタです。

 

繊維芽細胞を増やす因子を持っている

プラセンタには、美容効果も健康効果もありますが、女性は美容効果を期待して利用している人が多いです。
30歳を過ぎた女性は、エイジングケア効果に魅力を感じる人が少なくありません。
肌の潤いは、角質層の水分量によって決まります。プラセンタに含まれているアミノ酸は、天然の保湿因子として働いており、乾燥による様々な肌トラブルを防ぐ効果が期待できるのです。

 

紫外線を浴びると、活性酸素の量が増えます。活性酸素が増えると、皮膚の真皮にある繊維芽細胞が減ってしまい、シミやシワの原因になります。
繊維芽細胞が減ると、肌の弾力や水分保持を支えているヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの生成が十分にできなくなるため、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

プラセンタは、加齢に寄って減少する繊維芽細胞を増やす因子を持っているので、細胞レベルから働きかけて、肌を良い状態に保つことができるのです。
抗炎症作用があるため、日焼けによって生じた炎症の回復を促進させる効果も期待できます。皮膚細胞の新陳代謝を活発にするので、メラニン色素もスムーズに排出されます。
できてしまったメラニン色素が速やかに排出されることで、シミの改善にも役立つのです。